トノ
http://keitsui.blog96.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
職場への報告
2007-03-28 Wed 17:54

CTの結果・・・

やはりヘルニアと骨棘があるとの事でした。
相変わらず先生は手術の方向で話を進めます。

手術の方法は前方から頚椎に到達する方法と
後ろから頚椎に到達する方法があるとおっしゃいました。

前者の場合は1ヶ月入院して退院後の2ヶ月は
コルセットをしなくてはいけないとの事で
3ヶ月は不自由な生活になります。

私は車の運転の仕事なので3ヶ月は仕事ができない事になります。

後者の場合は3週間の入院で1ヵ月後には運転できるとの事。

しかし、この方法だと完全に痛みが取れる保障はないとおっしゃいました。
ただ、人によっては傷みがなくなると・・・
それでダメならもう一度、前方から手術する事になるそうです。

それだったら、はじめから前方からやってもらいます。

いずれにしても、手術だと退職しなくてはなりません。
先生には次回の診察までに会社と相談してくると伝えます。
とりあえず、この日からリハビリをしてみることになりました。

リハビリは以前と同じ牽引です。
牽引でしばらく様子を見ることにしました。


職場のほうに診断結果を伝え、これからの事について話をしました。

私としては一度復帰して1年後に手術する方向で考えている事を伝えました。
それまでの勤務は便宜を図ってくれると上司は言ってくれました。

この結果を本社に伝えるからと言われ、家で待機するように言われました。


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
入院までに
2007-03-16 Fri 18:11

MRIから3週間…

まだ連絡がありません。

もしかして、忘れられてるのか?なんて思いつつ
薬もなくなったので、診察に行ったところ
ちょうど明日ベッドが空くとの事。
ホントかよ!?って思いましたね(笑)
マジで忘れてたんじゃ?って(・_・)

あとで聞いた話なんですが救急指定の病院だし
急患用にいくつかベッドは空けておかなくては、ならないらしいです。

まぁ、私は検査目的ですからね。
症状も夜寝られないとか、そこまで酷くもなかったですから。

ただ、この時点で休職期間の3分の2近く経っています。
手術になったら、退職は免れないトコまできました。

以前、通院していた病院では手術までは必要ないと言われ
1年間、保存療法で今まで過ごしてきたのですが
一向に改善されない症状に、このままの状態がイヤだったので
何とかしたいと思い病院をかえたわけです。


なので同じ保存療法は望んでいません。
ただ、他に治療方法があるとすれば手術しか考えられません。

相当考え悩みました。

とにかく検査結果が出てからだと思い直しました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
診断 1
2007-03-15 Thu 17:46

MRI検査の結果、やはり頚椎5番6番の間の椎間板が
神経に当たっているようだ、との診断がでました。

この時点で、もう少し詳しい検査してみますか?と
尋ねられ、ハッキリと治療法を決めていただきたいのと
今の状況から考えて、詳しい検査をお願いする事にしました。

先生の説明では、1週間入院して脊髄造影(ミエログラフィー)検査と
椎間板造影(ディスコグラフィー)、神経根ブロックを行うとの事でした。

脊髄造影は腰から背骨の中に造影剤を入れるとの事…
腰からの注射はメチャメチャ痛いと聞いたことがあった私は
かなりビビりましたね~(^^ゞ

でもお願いした以上、覚悟を決めて臨むこととしました。

ベッドがいつ空くかわからないとの事で
一応2週間分の薬をもらう事にしました。
ベッドが空き次第、連絡くださると言われて帰りました。


造影検査の事が気になり、友人や知人に聞きまわったところ
やはり『腰の注射は相当痛いらしいなぁ…』って言うんですよ…

その時は一瞬、検査やめようかと思いましたね。
聞く人みんながそう思ってるんだから
本当に痛いんだろうなぁなんて。

とにかく、あとは病院からの連絡を待つ事としました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
MRI
2007-03-14 Wed 17:54

デザイン変えてみました!

明るく闘病生活を送っていきたいと思いまして(^^ゞ


さて、MRI当日。

午後の予約だったので、昼食を食べてから病院に行ってみました。
この日、外来は午前の診療だけでしたので
ガラーンとしていました。

指定された時間にレントゲン受付に行き
検査着に着替えてMRI室の前で待つように言われました。

MRI室の中からは『カン、カン、カン…』と
注意書きに書かれていた音が聞こえてきます。

『あ~コレがうるさいんだなぁ…』
なんて思いながら呼ばれるのを待っていました。


MRI…の追伸



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
総合病院へ
2007-03-13 Tue 18:48

休職から1ヶ月

症状も変わらず、このままではまずいと思い
総合病院で診察を受けてみました。

まず、首を後ろに反らしたり、上から軽く押し付けたり
打鍵器による腱反射テスト、握力検査などを受け
その後レントゲン撮影に移りました。

レントゲン撮影後、再び診察室に戻り
先生の話を聞いていると、やはり頚椎の5番と6番の間が狭いと
言われ、後日MRIを撮ってみるとのことでした。

今まで生きてきて、初めてのMRIです。
まぁ普通はそんなに撮るものじゃないんでしょうけど…

診察が終わってから、MRIについての注意事項の書かれた
プリントをもらい、口頭で注意事項を説明され帰ってきました。

なんだか結構、注意事項があり多少不安になるものの
痛みや痺れを軽減できるのであれば
たいして気にもなりませんでした。

帰りに薬をもらって帰ったのですが
これが、あまり効果がなく
薬だけは以前の病院でもらっていたものの方が
良く効きましたね。(薬の名前は忘れてしまいましたが)

今度、処方して頂いた薬はロキソニンという
痛み止めと、ガスターという胃薬の2種類でした。

以前は3種類あったんですけどね。
筋弛緩剤が今回は処方されていなかったんですね。

筋弛緩剤があるかないかで結構違う気がするのは
私だけでしょうか…





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
経過
2007-03-12 Mon 22:51
平成19年1月

休職して1ヶ月経っても症状は変わらず…

私の雇用契約上、連続90日以上の休職は認められていない為
多少焦りを感じ始めていました。

症状が改善されないまま
同じ治療を受けていていいものかと…

この1ヶ月で頚椎のヘルニアについていろいろ調べてみました。

まず、頚椎の病には何種類かある事。
その中でもやはり一番多いのがヘルニアである事。
ヘルニアの中でも一番多いのが5番6番の間である事。

C5/6は親指と人差指に痺れがくるそうです。

私の症状は首を後ろに反らすと
右肩から上腕部が痛みます。
そして、右手の親指と人差指が常に痺れている状態。

つまり、私は一番多いヘルニアになったという事です。
ヘルニア界の流行の最先端ってとこですか…

そんな事は、いいんですけど…

同じような症状の方がいらっしゃいましたら
まず、整形外科を受診される事をお勧めします。
脳神経外科でもいいみたいですよ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 頚椎椎間板ヘルニア闘病記 |
copyright © 2006 頚椎椎間板ヘルニア闘病記 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。