トノ
http://keitsui.blog96.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
手術日決定
2007-03-31 Sat 01:33

今日、診察に行ってきました。

診察室に入るなり『その後どぉ?』と先生。
『変わりないですね・・・』と私。
苦笑いしながら首を傾げる先生・・・
すかさず私が『でも、この前出してもらった筋弛緩剤飲むと楽になります。』
すると先生が『んじゃ、もうちょっと様子見てみる?』

いやいや、そりゃイマイチですね・・・
なんせ、もう仕事辞めましたから(^^ゞ

『いや、もう仕事辞めたのでいつでもやっちゃって下さい(笑)』と私。
『そしたら、急いだほうがいいのかな?』と先生。
『もう先生の都合のいい時でお願いします。』と私。
先生『んー・・・。じゃ9日にしましょう』

という流れで手術は4月9日に決定!
4月7日から入院する事になりました。

今日のうちに入院時検査も済ませる事になり
例によってレントゲンと心電図と採血をされました・・・

今回の採血は、まとめて採ったみたいで、結構な量を採られましたね。
これで、7日はイベントがなくなったって事ですね(^^ゞ

でも、9日は人生最大のイベントがあるので心の準備期間にします。

大変な事なのに、これで楽になれると思うと、逆に嬉しくなってきます。

おかしいですよね・・・
でも、ホントにそう思うんですよ。

手術してからの状態がどうなるか、わかりませんが
術後の経過をできるだけ詳しく報告させていただきます。

同じ病で苦しんでる人の参考になればと思います。


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 手術へ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
退職へ
2007-03-29 Thu 16:51

数日後、職場のほうに呼ばれました。

上司も、いろいろと策を考えてくれたようでしたが
本社からの回答は、いずれ手術しなくてはいけないのであれば
一旦退職して、治療に専念するようにとの事でした。
また戻ってくる気があれば、再雇用もあるからと・・・

軽く目の前が暗くなりましたね。
無職になるわけですから・・・

この時に初めて、休職した時点ですぐに手術していればよかったと後悔しました。
今更ですけどね・・・

ただ逆に考えれば、これで手術に関しては障害がなくなったと言えます。
もう気持ちは固まりました。

手術してもらう事にします。

幸い、私の主治医は日本脊椎脊髄病学会の指導医です。
入院患者の話を聞いても『あの先生に任せておけば大丈夫!』と言っていました。
非常に心強いです。

場所が場所だけに、多少の不安はありますが
このままの状態で辛いのもイヤなので、思い切ってやってもらいます。


後日、診察を受けに行った時に手術をお願いしました。

とりあえず、月末までは職場とその他の身辺整理がある為
4月に入ったら手術してもらうようにしました。

今月の最後の診察日に日程を決めるとの事でした。

退職が決まってから、結構凹んでいたんですが
手術する事が決まり、その事に関してはサッパリした気持ちです。

これからの事は、入院中に考える事にして
今は、今の状況をどうにかする事に専念するようにしました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 手術へ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
職場への報告
2007-03-28 Wed 17:54

CTの結果・・・

やはりヘルニアと骨棘があるとの事でした。
相変わらず先生は手術の方向で話を進めます。

手術の方法は前方から頚椎に到達する方法と
後ろから頚椎に到達する方法があるとおっしゃいました。

前者の場合は1ヶ月入院して退院後の2ヶ月は
コルセットをしなくてはいけないとの事で
3ヶ月は不自由な生活になります。

私は車の運転の仕事なので3ヶ月は仕事ができない事になります。

後者の場合は3週間の入院で1ヵ月後には運転できるとの事。

しかし、この方法だと完全に痛みが取れる保障はないとおっしゃいました。
ただ、人によっては傷みがなくなると・・・
それでダメならもう一度、前方から手術する事になるそうです。

それだったら、はじめから前方からやってもらいます。

いずれにしても、手術だと退職しなくてはなりません。
先生には次回の診察までに会社と相談してくると伝えます。
とりあえず、この日からリハビリをしてみることになりました。

リハビリは以前と同じ牽引です。
牽引でしばらく様子を見ることにしました。


職場のほうに診断結果を伝え、これからの事について話をしました。

私としては一度復帰して1年後に手術する方向で考えている事を伝えました。
それまでの勤務は便宜を図ってくれると上司は言ってくれました。

この結果を本社に伝えるからと言われ、家で待機するように言われました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
退院
2007-03-27 Tue 17:50

夜になり主治医の先生からお話がありました。

まず、レントゲンとCTの写真を見ながら
骨棘(こつきょく)もあるかも知れないとの事。
骨棘とは今までの骨にトゲのように骨ができてくる状態です。
これを削れば痛みはなくなるとの事。

主治医の先生は手術する前提で話をしています。
ただ、確認の意味で後日もう一度造影剤を入れないでCTを撮ると言っていました。

私はこれで一応検査は終わったので、退院になります。
次の診察は約1週間後です。


退院後、職場に経過の報告をしました。

一応もう1度CTを撮る事を報告し、これからの事を話し合います。


この時点では、まだ手術が決まったわけではありません。
ただ、主治医の先生は手術をしたほうがいいような言い方でした。
実際、自分的にも手術したほうが楽になるし、そのほうがいいと思っています。


退院の前日、そんなに痛みは感じなかったのに痛みが出てきました。
首を動かすのが辛いカンジです。
ガマンできないほどではなかったし
椎間板に造影剤を入れた影響だと思いそのままにします。

結局、その痛みは3日ほど続いたんですけどね・・・

この時はホントに手術してほしいと思いましたね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 検査入院 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
神経根ブロック
2007-03-26 Mon 17:50

椎間板造影が終わり、外で待っていると
車椅子が持ってこられました。

その車椅子に乗せられ、脊髄造影検査の時のテレビ室に連れて行かれました。

テレビ室の前で待っていると中からおばさんの声が聞こえてきます。
『ギャ~!!痛いぃ!!』
えっ!? 何?? 何やってるんだ(・・;)・・・?

しばらくして、おばさんが出てきました。

私と同じ首に絆創膏が貼ってあります・・・

マジ?? もしかして俺も同じ事されるのか?


先生に呼ばれてテレビ室に入ります。

先生に『今、大騒ぎでしたよね?』と聞きました。
先生は『あら、聞こえてた?でも大丈夫だよ(笑)』って・・・

いやいや、あれだけ大騒ぎしてたのに大丈夫って・・・
そんな訳ないでしょ~。


神経根ブロック…の追伸



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 検査入院 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
椎間板造影
2007-03-24 Sat 17:57

検査当日。

今日も昼食は抜きです。

今回の検査は椎間板造影検査と言って
椎間板に造影剤を入れ椎間板の損傷具合を見る検査です。


前日、先生の説明がありました。

頚椎の模型を使って、椎間板に直接造影剤を入れる事。
また、椎間板の後方から出ている神経根に直接痛みを止める注射をする事。

この神経根に直接注射をするのが、痛みが強いと説明を受けました。

前回の検査で左足に電気が走ったような痛みがあったことを伝えると
その痛みが、この前よりも長く続くと思ってくださいと言われました。

一瞬、帰りたくなりましたね。


さて、13時少し前に看護師さんが迎えに来てくれました。
歩いて検査室に向かいます。

検査室の前で少し待つように言われました。

待っている間、主治医の先生以外の先生が次々やってきます。
あれ?何人来るんだ?
もう7人は入ってるよな・・・!?
何されるのか、不安になってきます。

中に入ると前回のモニター室と同じような台があります。
そこに横になって検査着の上を脱ぐように言われました。

首を消毒されます。
ノドボトケの横から針を入れるとの事です。
かなり気分のいいものじゃないですよ~。

まず麻酔をされました。
その後、椎間板に向かって針を進めていきます。
隣のモニター室からもう少し進めてと指示がでています。

感覚としては軽く首を絞められているような感じですね。
造影剤を入れるように指示が出されて造影剤が入れられます。
ますます首を絞められる感覚が強くなります。

そしたら今まで痺れていた手が楽になりました。
かなり久しぶりの感覚です。

何枚かレントゲンを撮り終え、外で待つように言われました。

やはり喉が痛いというか、違和感があります。
次第に手の痺れも戻ってきました。

次は私にとってメインイベントの神経根ブロックです。
泣きたくなってきますね・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 検査入院 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
椎間板造影の事
2007-03-22 Thu 20:03

無事に脊髄造影検査も終わり、3時間の絶対安静も解除されました。

その後、急にお腹の調子が・・・
よく考えてみたら、下剤がまだ効いていなかった事に気付いてしまいました。

もう検査終わってるのに、今頃効いてもねぇ・・・

明日の朝までは歩行禁止なので
看護師さんに連れて行ってもらわないと、トイレにも行けません。

ギリギリのところで事なきを得、再びベッドでジッとしときます。


しばらく次回の検査の事を考えていました。

次の検査は椎間板造影(ディスコグラフィー)という検査です。
これは直接、椎間板に造影剤を入れて
椎間板からの漏れ具合を見る検査らしいです。

椎間板に直接注射って、痛そうだなぁ・・・
あれ?椎間板に注射って前から?
それって、めちゃくちゃ怖いですよね・・・

私は頚椎の5番6番の間がヘルニアなので
ちょうどノドボトケの辺りになるはず・・・

どうやって注射するのか非常に気になります。
まさか、ノドボトケ突っ切ってって事はないよなぁ・・・(・・;)

入院中でパソコンもないので、調べる事もできません。
う~ん、気になります。
ヘルニアの痛みも気になりますが、こっちも気になります。

明日か明後日には、また検査についての説明と同意書が渡されるはず。
その時に詳しく聞いたらいいんですけどね。

次の検査の事を気にしながら、いつの間にか眠っていました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 検査入院 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
脊髄造影
2007-03-20 Tue 17:57

朝6時起床。

検温で起こされました。
この時間に起きるのは久しぶりです。

11時に若い看護師さんがニコニコしながら
浣腸片手にやってきました。

その笑顔が悪魔の微笑みにに見えたのは私だけでしょう。

トイレに連行され浣腸されました・・・。

同室の患者さんの言っていた意味がわかりました・・・。


病室に戻り、しばらくすると検査着に着替えて待っているように言われました。
一気に病人らしくなりました。

今日の検査は脊髄腔造影といい
背骨の中に造影剤を入れて、普通のレントゲンでは写らない部分に
影をつけて見やすくする検査です。

13時少し前に看護婦さんが迎えに来て放射線部に移動します。
移動する時『腰の注射は痛いんでしょ?』と聞いてみます。
そしたら『そうでもないみたいですよ。麻酔しますから』って。
安心させようとしているんだろうなぁなんて思い、多少楽になります。


脊髄造影…の追伸



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 検査入院 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
検査入院 2
2007-03-19 Mon 18:00

前回の続きです。

昼食を食べて横になっていると、なにやらうめき声が聞こえてきます。

な!なんだ!?

よく聞いてみると『・・・痛い~・・・助けてくれぇ~』って(*_*)
何が始まったんだ・・・(・_・?

私がフリーズしていると、同室の人が
『また始まったよ(゚~゚)』って言ってます。

またって何?

どうやら脚を骨折した婆ちゃんが隣の部屋にいるらしい。

『昨夜は一晩中この調子だったよ・・・』だそうです。

先が思いやられます・・・


3時ぐらいにもう一人の主治医の先生がやってきました。
いつも診てもらっている先生とは別の若い?先生です。
初めて診てもらいます。


検査入院 2…の追伸



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 検査入院 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
検査入院
2007-03-17 Sat 18:11

いよいよ検査入院の朝がやってきました。

初めての入院生活のスタートです。

入院は1週間の予定なので
1週間分の荷物をボストンバッグに詰めます。

たかが1週間なのにパンパンに膨れてる・・・(・_・)......ン?
こんなにいるか??
まぁいいや。

10時までに受付済ませて外来まで来るように言われていたので
受付を済ませ外来で待っていました。

10分…20分…

外来は大盛況です。
やっと呼ばれると、胸のレントゲンを撮ってくるように言われました。

レントゲンを撮り終え外来に戻るとまた10分程待たされました。
もう11時近いです。


検査入院…の追伸



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 検査入院 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
入院までに
2007-03-16 Fri 18:11

MRIから3週間…

まだ連絡がありません。

もしかして、忘れられてるのか?なんて思いつつ
薬もなくなったので、診察に行ったところ
ちょうど明日ベッドが空くとの事。
ホントかよ!?って思いましたね(笑)
マジで忘れてたんじゃ?って(・_・)

あとで聞いた話なんですが救急指定の病院だし
急患用にいくつかベッドは空けておかなくては、ならないらしいです。

まぁ、私は検査目的ですからね。
症状も夜寝られないとか、そこまで酷くもなかったですから。

ただ、この時点で休職期間の3分の2近く経っています。
手術になったら、退職は免れないトコまできました。

以前、通院していた病院では手術までは必要ないと言われ
1年間、保存療法で今まで過ごしてきたのですが
一向に改善されない症状に、このままの状態がイヤだったので
何とかしたいと思い病院をかえたわけです。


なので同じ保存療法は望んでいません。
ただ、他に治療方法があるとすれば手術しか考えられません。

相当考え悩みました。

とにかく検査結果が出てからだと思い直しました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
診断 1
2007-03-15 Thu 17:46

MRI検査の結果、やはり頚椎5番6番の間の椎間板が
神経に当たっているようだ、との診断がでました。

この時点で、もう少し詳しい検査してみますか?と
尋ねられ、ハッキリと治療法を決めていただきたいのと
今の状況から考えて、詳しい検査をお願いする事にしました。

先生の説明では、1週間入院して脊髄造影(ミエログラフィー)検査と
椎間板造影(ディスコグラフィー)、神経根ブロックを行うとの事でした。

脊髄造影は腰から背骨の中に造影剤を入れるとの事…
腰からの注射はメチャメチャ痛いと聞いたことがあった私は
かなりビビりましたね~(^^ゞ

でもお願いした以上、覚悟を決めて臨むこととしました。

ベッドがいつ空くかわからないとの事で
一応2週間分の薬をもらう事にしました。
ベッドが空き次第、連絡くださると言われて帰りました。


造影検査の事が気になり、友人や知人に聞きまわったところ
やはり『腰の注射は相当痛いらしいなぁ…』って言うんですよ…

その時は一瞬、検査やめようかと思いましたね。
聞く人みんながそう思ってるんだから
本当に痛いんだろうなぁなんて。

とにかく、あとは病院からの連絡を待つ事としました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
MRI
2007-03-14 Wed 17:54

デザイン変えてみました!

明るく闘病生活を送っていきたいと思いまして(^^ゞ


さて、MRI当日。

午後の予約だったので、昼食を食べてから病院に行ってみました。
この日、外来は午前の診療だけでしたので
ガラーンとしていました。

指定された時間にレントゲン受付に行き
検査着に着替えてMRI室の前で待つように言われました。

MRI室の中からは『カン、カン、カン…』と
注意書きに書かれていた音が聞こえてきます。

『あ~コレがうるさいんだなぁ…』
なんて思いながら呼ばれるのを待っていました。


MRI…の追伸



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
総合病院へ
2007-03-13 Tue 18:48

休職から1ヶ月

症状も変わらず、このままではまずいと思い
総合病院で診察を受けてみました。

まず、首を後ろに反らしたり、上から軽く押し付けたり
打鍵器による腱反射テスト、握力検査などを受け
その後レントゲン撮影に移りました。

レントゲン撮影後、再び診察室に戻り
先生の話を聞いていると、やはり頚椎の5番と6番の間が狭いと
言われ、後日MRIを撮ってみるとのことでした。

今まで生きてきて、初めてのMRIです。
まぁ普通はそんなに撮るものじゃないんでしょうけど…

診察が終わってから、MRIについての注意事項の書かれた
プリントをもらい、口頭で注意事項を説明され帰ってきました。

なんだか結構、注意事項があり多少不安になるものの
痛みや痺れを軽減できるのであれば
たいして気にもなりませんでした。

帰りに薬をもらって帰ったのですが
これが、あまり効果がなく
薬だけは以前の病院でもらっていたものの方が
良く効きましたね。(薬の名前は忘れてしまいましたが)

今度、処方して頂いた薬はロキソニンという
痛み止めと、ガスターという胃薬の2種類でした。

以前は3種類あったんですけどね。
筋弛緩剤が今回は処方されていなかったんですね。

筋弛緩剤があるかないかで結構違う気がするのは
私だけでしょうか…





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
経過
2007-03-12 Mon 22:51
平成19年1月

休職して1ヶ月経っても症状は変わらず…

私の雇用契約上、連続90日以上の休職は認められていない為
多少焦りを感じ始めていました。

症状が改善されないまま
同じ治療を受けていていいものかと…

この1ヶ月で頚椎のヘルニアについていろいろ調べてみました。

まず、頚椎の病には何種類かある事。
その中でもやはり一番多いのがヘルニアである事。
ヘルニアの中でも一番多いのが5番6番の間である事。

C5/6は親指と人差指に痺れがくるそうです。

私の症状は首を後ろに反らすと
右肩から上腕部が痛みます。
そして、右手の親指と人差指が常に痺れている状態。

つまり、私は一番多いヘルニアになったという事です。
ヘルニア界の流行の最先端ってとこですか…

そんな事は、いいんですけど…

同じような症状の方がいらっしゃいましたら
まず、整形外科を受診される事をお勧めします。
脳神経外科でもいいみたいですよ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 経過 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
初診
2007-03-11 Sun 18:00
平成18年1月

いよいよガマンできなくなり
始めて整形外科での診察を受けました。
レントゲンの結果
頚椎の5番と6番の間が狭くなっているとの事。

その時は、ハッキリと病名は告げられず…。
この日から低周波・牽引・投薬の治療を始めました。

牽引後は逆に多少痛みが増しました。
内心、大丈夫かな?なんて思っていました。

週に2回から3回ほどの通院を9月まで続けました。
多少の改善があった事と仕事が忙しくなった事で
一時、通院を中断しました。

中断したのが悪かったのか
11月に以前よりも症状が悪化してきました。
また通院を再開し同じ治療を受けました。

それからは思ったほど症状は改善されず
1ヶ月ほど治療を続けたのち
会社から休職して集中的に治療したらどうかと
提案があり、思い切って休職する事にしました。

この時の判断が後に自分の運命を変える事に
なるとは思いもしませんでした。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 初診 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
悪化
2007-03-10 Sat 16:37
平成17年11月

しばらく落ち着いていた首の痛みが取れなくなってきました。
同時に右手親指と人差指の痺れも取れなくなっていました。
仕事中も、かなり首の痛みに
悩まされるようにもなってきました。

今までは、いつもの事だとそんなに気にする事もなかった
首の痛みでしたが
さすがに診察を受けようかと思い始めました。

首の痛みも毎日、四六時中痛い訳ではないので
痛くない時もあるんですよね。

そんな訳で、この頃はまだガマンしながら
生活していました。
仕事も忙しかったですしね。

ただ、夜になると辛かったですね。
オムロンの低周波治療器を買って
毎晩やってみました。
パットの貼る位置が悪かったのか
楽になった気はしなかったですね…

ほんの気休め程度かな?







ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 平成17年 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
発症
2007-03-10 Sat 01:48

平成17年の夏頃

右手の親指と人差指が痺れている事に気づきました。
そういえば、頭を後ろに反らすと首が痛い…

今思えば、それまでも右肩だけの異常な凝りや首の痛みが
あったことは確かだったけど、ただの寝違えだと思って
たいして気にすることもなく過ごしていました。
実際、首の痛みも痺れも感じない日もありました。

後に、これがヘルニアの症状なのだと
診察を受けて初めて気付きました。
ただ、右肩の凝りは30歳になった頃からずっとありましたので
その頃から前兆が出ていたのでしょうね。

私の場合、昔から姿勢がよくなく
猫背だと親にもよく注意されていました。
姿勢のよくない方、ヘルニアには気をつけた方がいいですよ。
私も、今ではかなり姿勢には気をつけるようにしています。

しかし今日はいつもより痛いし指の痺れもキツイです…

続きは、また明日にします。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 平成17年 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
はじめまして
2007-03-09 Fri 00:00

はじめまして。

このブログは、私が頚椎椎間板ヘルニアを発症してから
現在に至るまでの闘病生活を綴ったものです。

同じ病気で苦しんでいる人の参考に
また、経験談など共有していければいいかな
と思い開設しました。

私は現在37歳の♂です。
仕事はバスの運転士をしていました。
趣味はスポーツ(スキー・ゴルフ)・スポーツ観戦・パソコン
最近は、ほとんどパソコンの前に張付いています。

頚椎には、このパソコンがよくないんですよね。
姿勢にとにかく気をつけるとか
休憩を挟むとかしないと、間違いなく悪化します。
休憩時のストレッチは、かなり楽になりますよ。

これから手術も視野に入れておりますので
その経過なども、できる限りお伝えできればと思っています。





ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています!ご協力お願いします!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 頚椎椎間板ヘルニア闘病記 |
copyright © 2006 頚椎椎間板ヘルニア闘病記 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。